スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
友達
2005/08/09(Tue)
「友達」私はこのことについて時々考えたりする。
もちろん私にも友達はいる。
でも、私が友達って思っている人のうち何人が私のことを友達だと思ってくれているんだろう。
親友・・はどうだろう。
友達の中に親友はいるんだろうか。
そもそも「親友」ってなんだろう・・・。

毎日生活してるとどうしてもストレスがたまってしょーがないときがあるんだよね。
そんな時誰かにこのどうしようもない気持ちを聞いて欲しくなる。
さて誰に聞いてもらおうか・・・。
あの子は忙しいだろうし、この子はもう寝てるだろうななんて言ってると結局誰にも言えず
そして私の心のもやもやはどんどんたまっていって、自分自身全く余裕がなくなってしまうんだよなー

友達の中に、こんな子がいる。
その子は決して悪い子ではない、と思う。
でも、気付くといつも私はその子に振り回されている。
その子に対して不信感というか、どうなの?って思うことがいっぱい出てきちゃう。
で、その思いがどんどん大きくなって、我慢ができなくなって、でも感情的にならないように、思い切って「○○と思うんだけど・・・」って伝えてみる。
するとその子ははっとして「そんなつもりじゃ・・・」ってしゅんってしてしまう。
その瞬間、私は「やっぱ言わなきゃよかった・・」って後悔することになる
彼女の子供さと素直であるがゆえにこうと思うとがーっと突き進んでしまう性格、これに私はいつも振り回されてしまう。
つい最近もそんなことがあった。
正直疲れるんだよね
じゃあどうしてそんな風に思ってる子と友達やってるんだろう。
自分でもよくわからない。
そんなんだからつい「友達」ってことについて考えてしまうのかな。
私にとって気の合う友達はたくさんいたらすごく楽しいだろうなって思う。
でも、その中で1人でいいからお互い変に気を使わず、自分が本当に困っている時にすっと手を差し伸べてくれる、そして私も相手が自分を必要としているときには手を差し伸べてあげられる、そんな関係でいられる人がいたらなーって思ってしまう。
・・・でもそれって親友じゃなくて恋人に求めることなのかなぁ。
なんだかよくわかんなくなっちゃったけど、要は私は寂しがりやってことなんだろうな
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<火がついたっ | メイン | うちの子たち。その2>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://rindou0918.blog18.fc2.com/tb.php/9-fb8f69b6


| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。